HOME   ADMIN
気まぐれ日記
日々の出来事をつらつらと・・
2017/08←  123456789101112131415161718192021222324252627282930 →2017/10
--
--/--
--
カテゴリ [スポンサー広告]
トラックバック [-]   コメント [-]   EDIT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
04/05
Sun
カテゴリ [木村くん]
トラックバック [0]   コメント [2]    EDIT
全力坂完全版。の感想
坂ランナー木村拓哉を堪能しました。

最後まで、極限を超えながらも力を抜くことなく走り抜いた姿に、

目をそらすのは木村君の意に反すると思い見届けました。

これを昨日見てたら自分を誉めてやりたいけど、

見れなかった地域の方もいると言うのに、恵まれた場所に住んでると言うのに

愛が足りなくて申し訳ありましね。。。


感想を書くなら・・・・

長いまつ毛が麗しい!!!

バスに勝負を挑んで勝って喜ぶ少年っぽさがかわええ!!

ウシ!!はそこにはいません(笑)

柘榴坂の街路樹ジグザグ走りは『余計な力使わんと真っ直ぐ走れっ!!』と思わず思った

坂を走る事は『自分との喧嘩』と言ってた。
自分との闘いってキツイよね。。。
心の葛藤だもん

滑り台で降りたのは足が痛かったからなんだ。。

走り続けるうちに坂の事が解ってきたって。
でも好きじゃないからフリークじゃなくて坂ランナーなんだってよ(^^)ふふ

友寄さんが坂の説明をする前に走り出しちゃったとこ、面白かったな♪

後ろから『あっ!ちょっと!!木村さ~~ん!!』って声が流れてた(笑)

走ってる後ろから延々と説明を叫んでて
木村君に『うるさいっ!!』って言われてるし(爆)

移動車の中での二人の会話楽しかったよ♪

品川での移動は普通に交差点で信号待ちしちゃって
隣の男性が『えっ?!』てな顔して驚いてた
何気に横を見たら木村拓哉が立ってんだもんよ、そりゃ驚くわな(爆)
ちょっと羨ましくもあり可笑しかった

お疲れ様の後、変える時足引きずってたね・・・
右足が前に出なくてをずるずる引きずってた

あんだけ走ればそうなるのは目に見えてる!
バカたれめが!!と言わせといてください。。。

痛々しい姿はあったけどそれよりも充実した何かが感じられて
楽しかったというのが感想です。

リピしないで思い出した事だけ書いてますんで微妙な間違いがあるやもしれませんが
そこはさらりと流しておくんなまし





この分だと目黒ありそうな気がする。。。
嫌な予感はなぜか当たるんだよ~
でもそれならそれでまた見届けるよ







妄想特急
こんにちはです。
全力坂、ってばもうよかったみたいだねえ。
こちらは残念ながらナッシングー!でしたけどね。
また妹の友達に頼ってしまうわたしですが。
でもでもきょんさんの感想で
もう妄想が広がりっぱなしですわよ!

あ、そうそう今日は生で見られるね。
もうこれでわたしは我慢しょう。
といいつつかなりどきどきだけどね。
あんまりへんなこといいませんように。
ああどうか誤解されるような事態になりませんように。
なんというか心配がいろいろ尽きない人たちだよね、
SMAPってさ。
でも好きだけど。
2009/04/06   EDIT
ぐりりさんごめん!返事返したつもりになってた
全力坂はもう見れた?
てか、そっちは放送無かったんだ
もれなく見れなきゃダメだよね

この間の生は内容的には面白かったよ(笑)
あとは日記に書いた通りかな~
木村君は大丈夫だったよね(笑)
でも、スマップじゃなくても良かったじゃんって思ったよ
メンバーみんな居心地悪そうに見えたもん
変な期待させるなっって感じ…
ぐりりさんはどう思った?
2009/04/10   EDIT
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

きょん

Author:きょん
年齢:気持ちは20歳
生息地:関東のどこか。

たまにスマップとか
木村はんを語るかも?


メールはこちらまで♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
アーカイヴ

▲NOW

拍手
拍手する
このブログがお気に召しましたら ポチっと一押しして頂けると嬉しいです♪
その一押しが励みとなり力に代わります!
ついでに一言メッセージを頂けたら更に嬉しいかも♪
Rose time
携帯はこちらから
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。